先端の突起物

三文判イメージ

100円ショップで売っている三文判のはんこ。
安いわりにしっかりと働いてくれるので、銀行印としてもつかえます。
シャチハタ系のタイプもありますね。

うちには100円のはんこが何本もあり、家のあちこちにあるので、ずっと使っていなかったはんこ(テレビボードの下からひょっこり出てきた何年か前に買ったやつ) もちゃんと押すことができています。

しかし、一つだけ難点があったのです。
うちにあるはんこには小さな突起物が印材の先端についています。
普通の印鑑がだと小さなへこみがあって、判を押すたびにいちいち印の部分を確認しなくてもこちらが上だと分かるようになっていますが、この突起物も同じ意味なのでしょう。

でもこの突起物、たまに意味を成さない時が。
判は正確に綺麗に押さないといけないでしょう、自分では普通に上からポン、と軽く押しているつもりですが、押しながらちょっとひねってしまっていたのでしょうか、中のゴム印の部分だけずれていくんですね。
突起物を上に合わせて押すと、名前が逆さまになっているときがあります。
そんな時は、中のゴム印の部分だけ回すと簡単に直せるんですけどね。

長く使えるのは良いのですが、長く使っているうちにゴム印と外側のプラスチックが緩くなってしまうんでしょうね。
使うたびにずれていく印。
結局、毎回確認をしてから押さないといけません。
三文判の方はとりあえず無事使えているので、銀行の登録も問題なしです。
でもこの不便さがやっぱり100円!って思えるのがおもしろいものです。

〔おすすめサイトピックアップ!〕

高品質なだけでなくサービスが充実!
印影デザイン確認サービスでどのような印鑑になるか見てわかるから安心!
値段以上の満足感は印鑑ネットから

ページの先頭へ